お酒が原因になり肝臓病になる危険性はあるのか?

お酒が原因になり肝臓病になる危険性はあるのか?

普段から酒などアルコールは多く飲む人は、「肝臓に気を付けてね」などと声をかけられたことがあるかもしれませんね。
肝臓はお酒に含まれるアルコールを解毒してくれるので、頼もしい臓器といえますが、度を超えてたくさんお酒を飲むことによって肝臓病のリスクが高まると言われています 。
お酒の飲みすぎが引き起こす肝機能の低下やそれに関する病気には様々な種類があります。
まずはじめに考えられるのは脂肪肝ですね。
脂肪肝は症状があることは稀ですが、健康診断で腹部超音波検査を受けた際に見つかることが多い病気です。脂肪肝は飲酒をやめれば比較的短期間で回復する事が多いので、見つかった場合は医師の指示に従い飲酒習慣を見直すべきです。
脂肪肝の状態であるにもかかわらず、飲酒を続けた場合にはアルコール性肝炎や、もっとひどい場合には肝硬変になってしまうことすらあります。
アルコール性肝炎や肝硬変は重症状態であり、死亡するリスクも高い病気になります。
いずれの場合も回復には断酒が必須条件となりますので、好きなお酒を断たないで済むよう、飲酒量に気を付けて自己管理することが大切になります。
沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、よほどのことがない限りずっと文句も言わないで働いてくれる臓器です。
そのため症状が体に現れるころには重篤な事態になっている可能性があるわけですね。
重篤な症状に進まないためには早期発見が何より大切ですので、お酒を飲むのが好きなほど体調に不調がなくても定期的に血液検査などで肝機能の状態を調べることをお勧めします。
肝臓回復系サプリ